無邪気より天邪鬼が好き - 一日一書

無邪気より天邪鬼が好き

天邪鬼.png


無邪気っていい言葉だけど、

字面で見ると案外そうでもない。


そして意外にも

「あまのじゃく」を漢字で書くと

素敵だなぁって思う。



普通は美しくないと見なされていることも、

字で書くと美しかったり。


そんな発見にいちいち喜んでブログに綴る私は

天邪鬼なんだろう。



イーブンな、プラマイゼロの世界を目指したい。


よいも悪いもないし、

辿り着くべき場所も、目指すべき自分もある訳ない。


「完璧」を目指したって、そんなのそもそもないんだ。


お家や心のお掃除をがんばったって、

塵一つ残らないなんてことはないし、

一歩家を出たら、町にはゴミが落ちている。



この世は多分マトリックスの世界で、

美しいものも醜いものもすべてコードで書かれてる。


そしてそのコードこそ、光輝いて美しく完璧なもの。


そっちのコードは綺麗とか、

こっちのは汚いなんて区別はない。



等しく神々しいものに囲まれて、

何をあくせくするのか、と

天邪鬼な私は考えてみる。


そして、事象を分解する文字というものが

コードを知る手掛かりなのではないかと思って、

今日も文字を書いてみている。
2015-04-16 00:00 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 一日一書 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。