幸せの自転車操業 - 一日一書

幸せの自転車操業

悩.png

ブログには自分が気づいたことや、

美しいとか面白いと思うもののことしかかかないので。


随分と能天気な人だと思われてしまってもしょうがない。


でももちろん私にも悩みがあって、

何もかもが上の空になり、悩みが悩みを呼ぶような

脳内劇場を展開していることもある。


そんな最中にもやっぱり、

あ、悩みと脳って部首がいっしょだな。

脳は悩みの同類じゃないか!

脳の在り方の基本は悩むこと、などと

どうでもいいことを考えてみたり。



さて、そんな風に脱線しながら

悩みから気をそらすことがなかなかできなかった私は

悩みを利用して様々なワークを試みた。


これを別の角度から捉えることはできるのか?

この悩みが結局はどんないい未来に繋がるんだろう?

相手の嫌な部分が、自分にも確かにあるよね。

あるいは、自分の偉大さは、人からの評価に影響されない!

(と、自信満々に言い切ってみる、ワークw)


しかし、今回のお悩みにはどれもまるで効果なし。


上に書いたようなことは、

大して根深くない悩みには効くのかもしれないけれど、

ポジティブさのかけらも持ち合わせていないような時には

浮上できない自分に苛立ちを覚えるという

マイナスの効果しかないようだった。



でもその後に、

ものすごい功を奏するものが開発された。


それを名付けて「幸せの自転車操業」!



まずは、脳内劇場がどこで起こっているかということを

よくよく考えてみた。


もちろん脳内で。過去あるいは未来の出来事について。


そして目の前に目を向けると、

楽しそうにお風呂に浸かっている、可愛い娘がいた。


(そう、1日中悩んだ末、お風呂場に行ってまで悩んでいた)


ああ、この子の可愛さを楽しまないともったいないな。


脳内劇場にものすごく素敵なお芝居がかかってるならともかく、

そうじゃないものに気を取られて、

目の前のものを楽しんでいない自分。


そうやっている間にも、

この瞬間的な幸せというのは

手の中からこぼれ落ちてしまうんだ。



そして娘がお風呂場のおもちゃで遊ぶ水音に耳を澄ませ、

楽しさでキラキラと輝く目を惚れ惚れとながめて、

2人一緒の時間を満喫した。


すると、あれだけ悩んでいたことは

理由もなく、あとかたもなく消えた。



きっと、先のことを心配するのって、

「自転車操業」を不安がっているからなんだ。


未来に備えて身構えておかずに、今にかまけて、

後でやっぱり何か心配なり対策をしておけばよかったと

後悔するのが怖い。


でも実際には、頭だけの余計な心配というのは

未来への対策になるどころか

「今」にフォーカスして、そこからのパワーを得るための

妨げにしかなっていない。


でも本当は

資金を得てはつぎ込む自転車操業みたいに

「今この瞬間」に常に常にフォーカスして

リアルな幸せを毎瞬毎瞬得ては捨てる。


それが、俯瞰の目で見れば、

至福の中を歩いていく姿に映ることだろう。



それは、可愛いわが子が目の前にいる場合とか、

美味しいご飯を食べている時に限った話だよね?

って思う人もいるかもね。


でも、私はまだ試していないから何とも言えないけど、

誰かに責め立てられ、ものすごく困った状況にいるとしても、

至福であり時の空隙みたいな

純粋な「今」という状態が必ず存在する。


出来事は粗く不連続で、

そこかしこにぎっしりと

無限の「今」が内包されているから、きっと大丈夫。



そのようにして、私の悩みだったものは

計り知れない気づきを自分にもたらした

素晴らしいギフトとなった。


*********
7月18日(土)〜20日(月・祝)、和歌山の高野山で女性限定の宿泊型イベントをします♪
AFP×天空の聖地高野山 3daysの参加申し込みはこちら
2015-06-12 21:15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 一日一書 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。